もぐらのぞみのPR!

フリーPR大使がPRするブログ

田舎フリーランス養成講座@千葉・金谷がスタートしました!

こんにちは。11月の初めから4日間マカオに行って帰ってきてみたら、もう冬みたいになっていてしんどいもぐらのぞみ(@robotenglish)です。

 

さむい!春よ来い!と愚痴りながら、重い重いキャリーバッグを引き摺り、約3カ月ぶりに千葉県・金谷にやってまいりました!なんでかって?

 

わたし、田舎フリーランス養成講座を受講します!!!!

 

f:id:ohta6322:20170204151144p:plain

 

▽田舎フリーランス養成講座第6期に参加

田舎フリーランス養成講座って?

f:id:ohta6322:20170204152002j:plain

わたしが今回1ヶ月の間、移住体験をしながらフリーランスに必要なスキルを身につけることを目指すのがこの「田舎フリーランス養成講座」。

 

marumo.net

 

7月に受講した週末フリーランス講座の1カ月バージョンが今回の講座。

 

ohta6322.hateblo.jp

 

開催場所は週末フリーランス養成講座と同じく千葉・金谷のコワーキングスペース「コミュニティースペースまるも」。

講師の方も、受講生であるわたしたちと同じように金谷のシェアハウスに宿泊し、生活の多くの時間を共に過ごします。

 

この田舎フリーランス養成講座に参加することで、1ヶ月間みっちりと、どう働くかについて向き合おうと思います。

 

なんでわざわざ金谷の田舎フリーランス養成講座に? 

 

休学費をケチって、卒業してから留学し、戻ってきた日本。「今年一年はのんびり、すきなことをするぞ!」というのは随分前から決めていたことでした。

 

上京してきて出会った人たちは、みんな自由で、好きなことをしていて、「やるかやらないか」で悩まずにチャンスには飛びつくような人ばかりで、刺激たっぷりなだけではなく、「わたし、このままでいいのか!?」という気持ちがむずむずと溜まっていきました。

 

このままでいいのか、とは思いつつ、どうしていいのか、どこに行きたいのか、随分先にはいろんな未来が広がっているのに、そこまでの道がうまく築けなくて、自分には体力がなくて、いままでの夢と同じように、未来も単なる妄想でしかありませんでした。

 

そしてなにより…わたしは自分に甘い!!!!!

 

フリーランスで成功している人は、きっと自分を厳しく律することができる人だと思います。わたしは絶望的にそれができません。夏休みの宿題は、最後の日にするどころか、最後の日には開き直って早めに就寝するような図太さ。

 

上京して、ライターのお仕事をしつつ、学生の夏休み以上に自分のだめっぷりを痛感。「わたし、このままじゃ、ひきこもりになっちゃう…!」

 

生活をそのまま、まるっと全部、叩きなおさなきゃ…!

 

というわけで、合宿という形で勉強できる田舎フリーランス養成講座への参加を決めました。

 

f:id:ohta6322:20161108214738j:image

△まるもの目の前にあるピザ屋さんにて。シナモンの香りが別腹の存在を教えてくれる。

 

自分が人生で大事にしたいことってなんだろう? 

 

f:id:ohta6322:20170204152021j:plain

理由は、他にもたくさんあります。

 

週末フリーランス講座でたった2日しか金谷には滞在しませんでしたが、帰りのフェリーでは、絶対にまた来たいなと思うくらいに場所そのものに惹かれていましたし、フリーランスという働き方に憧れを抱いているというのもあります。シェアハウスに興味もありました。

 

鹿児島で生まれ育って、いつも考えていたのは「将来の夢」。その夢があったから、漠然と「自分は東京で働くのかな~」なんて考えていました。いつだって、自分のしたいことが先にあり、そのためにどこに暮らすか、というのが付いてきていて。

 

でも、今年の熊本地震で、否応なく自分がいる場所について考えさせられました。

 

恋人も、家族も、友達も、別に一緒にいなくたって構わない。空間の共有が、絶対的に大事というわけではない。

 

f:id:ohta6322:20161108214844j:image

△ビーダマンと10年ぶりくらいに再会。あんなに大好きだったのに、君たちのことすっかり忘れていたよ〜

 

いまもその気持ちは変わりませんが、熊本地震で、いつ自分の大事な人が消えちゃうか分からない、それを初めて強く意識しました。とんでもない瞬間に遭ったとき、自分が、大事な人のそばにいれなかったらどうしよう…。

 

熊本地震が発生したとき、わたしはフィリピンにいました。地震速報は届くのに、一番知りたいあの人の連絡をただ待たなければいけない、というのは辛いものでした。

 

自分にそれだけのスキルがあれば、何が起きても身軽にどこへだって行けるのに!

 

もともと海外に住みたい、いろんなところで生活してみたい、そういった思いは強くもっていましたが、震災を通して、場所にとらわれたくない、という気持ちはより一層強くなりました。

 

f:id:ohta6322:20161108214630j:image

△夕ご飯は当番制で担当!きょうは私も作りました!カレー!簡単なのに美味しくて最高!

 

そんなこんなで、金谷での生活がスタートしました。講座の様子は、自分の勉強の記録としてもブログにてこまめに綴っていきたいと思います~!

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】