もぐらのぞみのPR!

フリーPR大使がPRするブログ

「野外上映会で観たい!」夜空がぴったりの映画5選

こんにちは、「趣味:映画鑑賞」ライターのもぐらのぞみ(@robotenglish)です。

 

f:id:ohta6322:20170129153853j:plain

わたしのちいさな夢は「野外上映で映画を観ること」。

そんなわけで、今回は、「夜空の下で、スクリーンで、映画を観るならやっぱりこの作品だよな~」と妄想しながら、5本の映画を選出しました!

 

▽夜空にぴったりな映画5選

 

アバウト・タイム(2013年・アメリカ)


 
わたしの一番すきな映画「アバウト・タイム」。

野外上映に憧れるのもこの映画のワンシーンに由縁します。

 

主人公な仲良し家族に生まれた青年。
ある年の1月1日、二日酔いの頭を抱えながら、父親の部屋へ行くと驚くべき事実が告げられます。
それは、その家系に生まれた男性は、タイムトラベルの能力をもっている、ということ。
 
ジャンルとしては、SF恋愛映画です。
タイムトラベルもの、なのでSFに分類されていますが、メインテーマは家族。
 
主人公の家族がほっこりしていて…「ああ!この家族の一員になりたい~!」と思わずにいられない。
 
その家族の習慣に「みんなで映画を観る」というのがあって、しかも、庭にみんなで椅子を並べて、外壁に投影したのを観るんです!最高ゥ!
それがもう羨ましくて堪んなくて…。
 
わたしもいつか家族をもったら、週に一回は集まって同じ映画を観て感想をあーだこーだ言いながら眠りにつくような、そんな家族になりたいな。
 

心温まる映画なので、観れば冬の夜空の寒さも忘れちゃいそう。

 

バレンタインデー(2010年・アメリカ)


 
いまの時期にぴったりで、レンタルビデオショップからは消えているのでは?
 
「バレンタインデー」は群像劇映画。
バレンタインの一日に、いろんな人間関係が動く、構成もとってもおもしろい一本。
(同じくゲイリー・マーシャル監督作品、「ニューイヤーズ・イブ」も複雑に人間関係が絡み合っていて、ぐいぐい惹き込まれます。年末に絶対観たくなる作品)
 
この映画には、野外上映会のシーンがあります。
 
野外上映しながら、この映画をみると、より感情移入して、まるで映画のなかの上映会に自分がいるように感じられる…はず。


 

E.T.(1982年・アメリカ)


 
いわずと知れた不朽のSF映画。
…だけど、意外ときちんと観たことがない、という人も多いのでは?
 
そんな人でも、自転車に乗って空に舞い上がるシーンは観たことあるはず!
野外で、しかも夜だったら、E.T.たちがまるで画面を飛び出してきて、夜空を舞うような気持ちになれるんじゃないかな~。
 

シンプル・シモン(2010年・スウェーデン

アスペルガー症候群の主人公が、兄の彼女にぴったりな女性をみつけるために奔走する物語。
 
SFオタクの主人公は、自分の頭がいっぱいいっぱいになると宇宙船(ドラム缶)に逃げ込んで、宇宙へと飛びだってしまいます。
夜の野外上映だったら、あたりの闇に画面が溶け込んで、そこにぽっかり宇宙船が浮かび、その様から主人公の孤独がじわりと伝わってくるような…。
 
アスペルガー症候群ってなに?」という人にも観て欲しいとともに、
カラフルな画面や、軽快なコメディが映画として単純にたのしめます。
 
また、主人公が、夜の公園?広場?に兄とその彼女(にしたい女性)のためにセッティングするディナーシーンがあたたかみがありつつロマンチック。
野外で観ることで、ディナーを主人公と一緒になって覗いている気分に…そのどきどきも味わって。

 

simon-movie.jp

アルマゲドン(1988年・アメリカ)

ふふふふーんふーん、ふふふふふふふふー♪

そうです、勿論、これです。

 
音楽を聴いただけでどきどきする…。
 
やっぱり、野外ですから、解放感ありますから、解放感といえば宇宙でしょう!!!(←?)
 
SF映画の超有名作アルマゲドン
男たちの熱い使命感と、家族への愛に、思わず涙すること間違いなし。
 
でも大丈夫、外は暗いから、あなたの涙をそっと隠してくれますよ…(キラッ)


 

野外上映するなら、移動シアターはどう?

 
「野外上映してみたいな」というのは、わたしがずーっと思っていること。
 
そんなとき、クラウドファンディングを行っている移動シアターを発見しました…!

camp-fire.jp

 

使用するのはバルーン型のスクリーン。

f:id:ohta6322:20170129154004j:plain

おおおおお…!

 

こんなのあるなんて知らなかった…!

写真だと伝わりにくいですが、バルーンなのでふかふかで、怪我の心配もないそうです。

 

こちらの動画だとさらに雰囲気が伝わってきます。

設営もたのしそうっ。

 

リターン(支援したお返し)には、このバルーン型スクリーンの貸し出しが…!
これは…手っ取り早く野外上映を実現するチャンスです!
 
支援は2017年1月29日23:59…つまり今日まで受け付けているようなので、野外上映がしたい、映画すき、ドラムを習いたい(リターンであります笑)という方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか…!
 

アイキャッチの素敵な野外上映会風景のお写真も移動シアターをされている足立さんからお借りしました。

雰囲気とってもいい~♡

これは結婚式とかプロポーズとか特別にロマンチックな演出をしたいときにも使えますね!

 

▽足立さんツイッター

twitter.com

 

【スポンサーリンク】