好きな人ができました。

恋愛

 

好きな人ができました。
それだけのことを書こうと思います。

朝目覚めたときに、「あ、好きだ」と気付いた

寝ました。起きました。
ぼーっとする頭で、ある人(以下、彼)の顔が浮かんできて「今日、なにしてるのかな…」と考えました。

顔を洗って歯を磨いて、着替えて、お化粧のために鏡で自分の顔を見ながら「なんで、彼のことを考えたんだろう…」と思いました。

彼に今日、会う約束があるわけではありません。
前日の夜まで連絡をとっていたわけではありません。
彼とわたしが、特別に深い関係にあるというわけでもありません。

それなのに、わたしは「なにしてるのかなー」「元気かなー」って考えてました。「会いたいなー」って。

昔読んでいた本にたまたま挟んだままだったしおりを、たまたま見つけたような、いつからそこにあったのか分かんないような、そんな気持ちの気付きでした。

偶然、SNSで彼が友人と写っている写真を見かけて、思わずそれをタップして、彼の顔をぐんと拡大。
しげしげと眺めて、やっぱり「いい笑顔だなあ、くそう、わたしに見せてほしかったなあ」と思いました。

こんな気持ちを抱くのがひさしぶりで、ぼんやりしていたら見逃してしまいそうな「好き」でした。

 

嫌だなあ、と思う、自分がいた

彼はとても素敵な人です。
だめなところもあります。でも、それをひっくるめても、素敵な人です。そのだめなところも、いいところに思えます。

たぶん、「好き」というフィルターがなくても、そう見える。と、確信できるくらい素敵な人です。

さて、どうしたものでしょう……と困る自分がいました。

彼は素敵な人です。何回だって褒めたいくらい素敵な人です。
特定されてしまうから、特徴はなにひとつ言えないけれど、いいところを書き出しなさい、と言われたら、たぶん右手がしばらく止まらないでしょう。

尊敬できるし、楽しいし。
彼のことを考えていると、うきうきする自分がいます。

とってもハッピーであたたかな恋心です。

でも、それは「いまはまだ、だもんなあ」とすこし引いたところで思っている自分がいます。

この気持ちの存在が視界をちらつくようになって、それと同時に過去の恋愛についても考えました。

わたしと”昔の彼”との物語はどれも最後は涙に濡れてぐしゃぐしゃです。いまだに思い返すと、胸の奥がぎゅっとしまって苦しくなります。

そういった経験から、わたしはものすごく臆病になってしまっている自分に気付きました。

明るく奔放な性格なくせに、恋となると正反対。もともと、すごく奥手で、好きな人の前だと、自分らしく振舞うことが1ミリもできません。
彼に会っていたとき、わたしは友人だったので、なんにも考えずやりたいようにやっていましたが、きっと、次に会ったときには気持ちばかりが先行して、それはそれはつまらない女に成り下がってしまうでしょう。

幻滅されたらどうしよう。

たとえ、勇気を出して、素敵な女の子になれて、好意を抱いてもらえたとしても、問題は山のようにあります。

と、どうしても”傷つく”という結末が待っていると身構えて考えてしまうのです。

自分で自分に呆れています。

じゃあ、忘れてしまえばいいのに、というと、それはやはり躊躇われるのです。

彼の写真を見つけると自然と頰が緩むし、SNSを開くと彼からの連絡を期待している自分がいるし、寝る前に彼のことを思い出すと胸がぽかぽかして安心します。

なんの不安も疑念も、弱虫な自分も、どこかへ消え去って「今日も素敵な1日を過ごしていたら嬉しいなあ」って純粋に彼を想えるから、やっぱり好きになって良かったと最後に思います。

 

正直、どう頑張ればいいか分からない

さて、ものすごくひさしぶりにまともに人を好きになったものだから、なにから手をつけていいのやら、本当に困っています。

わたしの恋愛においての進化といえば、20歳のときに止まってしまっているはずです。25歳の皮を被って、周りだってそのつもりで接してくるけれど、訳がわからないことばかりで、いつも慌てふためいています。

そのうえ、わたしは仕事柄、ひとつの場所にとどまっていないので、わたしが気にかけなければ彼と会える可能性はほぼゼロに近いのです。

わたしが連絡をとれば会えるかもしれません。それは、わたしが行動を起こさなければなにも始まってくれない、ということです。

学生の頃、わたしはなかなか恋がうまくいかなくてヤキモキしていたのですが、今思えばなんとイージーモードだったことでしょう!だって朝ちゃんと起きて登校すればそこに好きな人がいるんだから!

いまは、「会いたいなあ」という願望を叶えるためにはいくつものステップを踏まねばならないし、それがうまくいくかも分かりません。会ったってどうかるかも不確かなのに、そこに至るまでも過酷なんて………。

ため息がでそうですが、そうやって会えたとき、きっと笑いを噛み殺せないくらいには嬉しくて堪らないんだろうなって、まだLINEを送ったわけでもないのに、考えている自分がいます。

 

前向きな気持ちでいまは楽しみたい

「好き」という気持ちと、「特別に好き!」という気持ちには、大きな違いがあります。

 

 

ある種、自己満足が混じるのです。

彼は自分のご機嫌を自分でとれる大人だし、迷いや不安がありながらも人生を自分で手繰り寄せる力があるので、正直、わたしが彼に与えられる幸せとは?と、思う部分もあります。

ただ、わたしは自分が最高にいい彼女になれる自信があって、全人類わたしと付き合えたらハッピーに決まっていると確信しているちょっと(いや、かなり?)痛い奴なので、きっと絶対なにかあるはずだって考えています。

わたしも、涙で顔を濡らしていた頃よりいくぶん大人になったことでしょう。自立したひとりの人間として、自立したひとりの人間である彼と恋愛ができたら、きっといままでとは違うシナリオになるに違いないと信じています。

いまはまだ彼とどうこうなりたい、とかはなくてただ「会えたらいいなあ」「今日も1日たのしく過ごせてますように」と、真っさらな気持ちでいられるので、吹くと飛びそうだけど、でも瞬時にわたしを笑顔にしてくれる力を持った気持ちを、前向きに大事にしたいと思います。

 

えっと、この流れでいうのアレですが……

めっちゃ宣伝になります、が!

恋愛と仕事に関してのトークイベントに登壇しますッ!!!

イベントお申込みはコチラ→イベントページ
日時 ■ 11月10日(土曜日)19時半~
場所 ■ みんなの会議室(東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目14-9新宿明治通りビル7階)
参加費■ 2,000円(ワンドリンク付き/アルコール・ノンアル、あります!)

上記に書いたように、まだふわふわした気持ちで、のんびりやりたいので、いまの気持ちに関してはお話しないつもりですが(ごめんなさいいい…)
いままでのことや、フリーランスに関してのぶっちゃけトークで楽しく過ごしたいなあと思っていますので、ご興味ある方はぜひいらしてください。

土曜の夜、お酒と恋バナで乾杯しましょう〜〜〜!

※クレカ決済ができない人は、直接わたしにDMで参加表明してください。→野里和花のTwitter

コメント