田舎に住む意味、ある?自然があるのにネットばかりの日々への疑問

移住
こんにちは、千葉・金谷という田舎町のコミュニティスペース「まるも」で店長をしているのんちゃんこと野里和花(@robotenglish)です。

f:id:ohta6322:20170404180322p:plain

わたしはここ、金谷へ移住しました。
そして毎日パソコンを使って仕事をしています。このブログを書いています。時々、思うんです。………田舎に移住してまで、それってどうなの?

田舎で仕事ができるのが、フリーランスの強み

田舎で仕事、って聞くと、どんな仕事が待ち受けていると思いますか?
ゲストハウス?
農業?
民家の改装?
そういう仕事はあるし、若い人手が足りていないので重宝されるでしょう。
そういった地域に根差した仕事、田舎だからこそできる仕事に加えて、どこでもできる仕事も入ります。
たとえばウェブ関係。
たとえばネットを使った仕事。
たとえばフリーランス。

f:id:ohta6322:20170404180458j:plain

わたしが店長を務めるコミュニティスペース「まるも」はコワーキングスペースとして、金谷へ移住してきた若者(ほとんどがフリーランス)が仕事場として利用しています。
フリーランス、ウェブ関係の仕事なので、Wi-fiさえ整備されていれば仕事ができる。
そのうえ、都会に比べて家賃をはじめとした生活コストを安く抑えられるので、駆け出しのフリーランスにとって最適の場所。
みんな、毎日毎日パソコンに向かってカタカタカタカタカタカタ……
…はあ、疲れてしまいませんか?

鋸山に東京湾。豊かな自然に囲まれた千葉・金谷で暮らす意義

f:id:ohta6322:20170404180615j:plain

金谷はのどかなちいさな町。
コミュニティスペース「まるも」には、徒歩10分圏内に、海も山もあるんです。最高だと思いません?
晴れた日には富士山が拝めて、東京湾に沈む夕日は言葉を失うほどの美しさ。
毎日、自然が見せてくれる表情に癒されます。

f:id:ohta6322:20170404180734j:plain

わたしも、ここへ来た当時は、夕方になると散歩にでかけて、浜辺にひとり腰掛けて、沈む夕日を眺めていました。
でも、だんだんとその景色に慣れてきてしまうと、日没の時間も気にせず、パソコンに向かってずっと作業していたら、気づいたら外が真っ暗になってしまった、という日が多くなってしまいました。
せっかく、自信をもって人に自慢できる特別な風景が身近にあるのに、それに触れもせずに1日を終えてしまうなんて…田舎へ移住した意味が半減してしまっているかも…。

鋸山登山をして汗を流して、風の気持ちよさに声をたてて笑った

きょうは店長のお休みディだったので、友人と一緒に鋸山登山をしてきました。登るのは今回で4回目。
鋸山にはロープウェイが使えて、登山コースもいくつかあるのですが、今回は上級者向けのコース「安兵衛・沢コース」を選択しました。

f:id:ohta6322:20170404180856j:plain

沢のそばをずっと登っていくコースで、最初はぬかるみに足をとられる程度だったのが、だんだんと険しくなり、最後はロープで踏ん張っての登山。
尾根をずっと歩かなければいけなかったので、スリル満点で、高所が得意ではないわたしは這いつくばって登っていました。

f:id:ohta6322:20170404181029j:plain

大変だったものの、途中、木漏れ日のあたたかさに癒され、花々で春の訪れを知り、風の冷たさを肌で感じ、手掘りトンネルをくぐってどきどきし、山頂付近から金谷がちいさくなっているのを見降ろして達成感でいっぱいになりました。
最高にたのしかった!
汗をかくのも、息を弾ませるのも、疲れたと訴える足のこわばりも、全部すっごく気持ちがいい。

f:id:ohta6322:20170404181239j:plain

帰りに、隣町「保田」の有名な「ばんや」というお店に寄って、東京湾で捕れた新鮮なお魚の海鮮丼をお腹いっぱい食べて。
くたくたの足、お腹いっぱいで眠くなる。なんて贅沢な気分だろう、と、思いながらまるもへ帰ってきました。

こんなに素敵な自然があるのに、パソコンばかりでいいのだろうか?

帰ってきてまず触ったのが……パソコン。
きょう撮った写真データを整理して、ブログの執筆開始。
6時には更新してSNSで拡散させたいから、はやく書かなきゃ…きょうはどのネタで書こう…書きたいの溜まっているな…でもこれは時間をつかうだろうし……
そう思いながらも、わたしの一番の欲求は間違いなく「寝たい」です。
自然と触れ合って癒され、太陽の光をいっぱいに浴びて心地よい疲労感があり、瞼を閉じればきょう目に焼き付けた木々の凛とした佇まいや、鋸山の岩肌、桜の透けるようなピンク色がいとも簡単に思い浮かぶ………
なのに、帰ってすぐとりかかるのはブログ。

継続は力なりだと知っているけれど、しっかりと丁寧に生きることも大事

今月、わたしはブログに注力すると決めていて、他の仕事に押されない限りは毎日執筆しようと決めていました。
だからこそ、自分の一番の欲求を押しのけて、パソコンに向かい、いまこれを書いているのです。
決めたこと・やらなきゃいけないことだから、やるのは当たり前。
けれど、こんなに満ち足りた日を過ごしたのに、過ごすことが毎日だってできるはずなのに、それを置いといてパソコン、インターネットとばかり仲良くするのは、住みよい田舎町へ移住してきた意味がなくなってしまうと思うのです。
しっかりと丁寧に。
ブログのネタになると思って、構成を考えながら物事に接するのではなく、目の前にあることを全部自分の為に吸い込もうとして向き合う。
最近は、なんでも念頭に「これ、ブログで活かせないかな…」と考えてしまっています。
わたしのフリーランスの活動において、日頃から意識して過ごすことは大切です。でも、いつもいつもそうやって考えていると、嫌気がさしてきてしまうのも事実。
ブログも忘れて、ネットとも離れて、パソコンも置きっぱなしで、自分の目の前にあるものを全身で、意識100%で見つめる。
そうやって、しっかりと丁寧に、人とも自然ともつながることを忘れないでおきたい。
ブログを書きながら、こういうのは矛盾かもしれませんが、ブログとの関わり・自分の普段の生活、そのバランスを失わずに、うまく付き合っていければいいのかな、と思います。
というわけで、お疲れのわたしは、寝ます!おやすみ!
▽「田舎暮らしに興味がある人へ」おすすめ書籍

 

▽よく読まれています。

 

 

 

コメント